高度な技術と設備で最適な獣医療を提供します。
東京都渋谷区猿楽町3-9-1F 9:30-19:30 予約優先(水曜日のみ10:00-17:00) 03-6712-7299

スタッフ紹介

院長 游 桃子(ゆう ももこ)

 

大学卒業後は海外の専門施設で研修を重ね、帰国後は大学病院で心臓病を専門として研鑚を積みました。

また、腫瘍、整形外科を専門とする一般病院で様々な分野の手術を経験。

大学病院では心臓外科、胸部外科にたずさわっており、細かい技術を必要とする手術を得意とします。

様々な施設で培った経験を活かして、その子にとって最適な医療を提案し、不必要な治療や手術で動物たちに負担をかけないよう日々勉強しています。

「たとえ病気になったとしてもその中で一番幸せに暮らせるように」

患者さん、家族、獣医師間の密なコミュニケーションを大切にしています。

経歴

  • アメリカ、台湾にてインターンシップ
  • 神奈川、都内の病院に勤務
  • 麻布大学附属動物病院循環器所属
  • 日本獣医循環器学会所属

今井 理衣(いまい りえ)

 

大学卒業後は都内で一般診療に従事しておりましたが,数年経過すると腫瘍で困る動物たちの多さを実感することとなりました。

長年大切にして暮らしてきた家族を腫瘍で失うことが少しでも減らせないか、ご家族の望みに少しでも応えたい、と考えました。そのため病院勤務の傍、大学附属病院の腫瘍科専科研修医,研究生として腫瘍診療と臨床研究を行い、腫瘍科認定医資格を取得してきました。

これらの経験と知識を1頭でも多くの動物とそのご家族のために還元したいと思い、日々診療にあたっています。根拠に基づいた治療であることはもちろんですが、診断や治療が難しい場合でも少しでも動物たちとご家族みんなが幸せになることを目指しています。

信頼しておまかせ頂けるように、お家の子の事、たくさんお話ししてください。何か心配な症状がある時はもちろんですが元気な時から、そして新しく動物を迎えたらまず、予防や楽しい暮らしについてご相談にいらしてください。

経歴

  • 都内の動物病院に勤務
  • 麻布大学附属動物病院腫瘍科専科研修医
  • 麻布大学放射線学研究室研究生
  • 日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医2種・1種
  • 日本獣医がん学会所属,評議員

寺門 邦彦(てらかど くにひこ) 獣医師・獣医学博士

 

眼の病気のサインは日常生活でも発見しやすいです。眼が赤い(充血している)、眼脂が出る、眼が見えにくいなどは眼の病気を疑う大事な症状です。

これらの症状を示す眼の病気には、治療開始が遅れると失明してしまうこともあります。

動物にとっても失明は大変なストレスであり、日常生活の質を極端に下げてしまいます。

いつまでも大好きな飼い主様を見ていられるように、お手伝いしていきたいと思います。お気軽にご相談ください。

経歴

  • 麻布大学附属動物病院全科研修獣医師
  • 日本獣医生命科学大学大学院 獣医外科学教室(眼科)
  • 麻布大学附属動物病院特任助手(眼科)

上原 拓也(うえはら たくや)

 

大学卒業後、都内の動物病院や夜間動物病院に勤務していた中で

幾度となくワンちゃんやネコちゃんが心臓の病気で苦しんでいる局面を目の当たりにしてきました。

そんな心臓の病気で苦しんでいるワンちゃんやネコちゃんを助けたいという気持ちから、

現在は大学院に進学し日々心臓の病気の研究をしています。

あなたの大事なワンちゃんやネコちゃんの病気の痛みや苦しみを和らげる手助けをさせていただき、穏やかな生活を送っていただけるよう努力していきたいです。

経歴

  • 酪農学園大学附属動物病院 内科研修医
  • 麻布大学大学院 博士課程

宇治 正憲(うじ まさのり)

大学卒業後より都内の動物病院にて一般診療に従事しております。

動物を診るだけでなく、飼い主様とのコミュニケーションが最適な治療には不可欠だと感じています。一方的な診断・治療ではなく、飼い主様の悩み・意向をお聞かせください。

同じ病気であっても、大切な家族である動物たちの最適な治療方法は家族によって異なります。動物たちの幸せはもちろん、家族全員が幸せに過ごすための医療を一緒に考え、悩み、決めていきましょう。

今更聞けないことでも構いません。些細なことでも何でもご相談下さい。

経歴

  • 都内の動物病院に勤務
  • 麻布大学附属動物病院循環器科研修医

新田 卓(にった すぐる)

 

2018年4月からHALU動物病院で勤務させて頂いております。

内科学を専門に、血液の腫瘍や自己免疫疾患、そして肝臓、膵臓等の慢性的な炎症について学んできました。

動物に対する医療技術が向上したとはいえ、いまだに病気の診断や治療が難しいということは多く、そういった病気で苦しんでいる動物やご家族のために少しでも良い治療を提供し、少しでも長く幸せな時間を過ごす手助けがしたいという思いから、現在麻布大学大学院で内科学と再生医療に関する研究をしつつ、大学病院の内科に所属し診療に携わっています。

動物達とそのご家族の皆様にとってより良い生活の一助となれる様努力して参ります。

経歴

  • 宇都宮大学農学部生物生産科学科卒業
  • 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
  • 麻布大学大学院 博士課程(獣医学専攻)