HALU動物病院は、専門医や認定医が集結しチーム医療を徹底し、年中無休で診察しております。

Address

東京都渋谷区猿楽町3-9-1F

Contact

03-6712-7299  /  info@halu.vet

Open

8:00-18:30 (最終受付18:00)

◯完全予約制・年中無休
◯急患随時対応お電話ください
◯診察時間外は別途時間外診療費が必要となります

Medical Care

診療内容

一般診療

定期的なワクチン接種やフィラリア症、ノミ・マダニに代表されるような感染症の予防、避妊・去勢手術、及び各種内科疾患、一般外科領域を幅広く診療しております。また専門医と協力しながら最適な医療を提供します。

歯科

無麻酔による歯石除去は動物に多大な負担をもたらし死に至るケースも見受けられます。日本獣医師歯科学会においても安全な麻酔科での処置を推奨しています。当院で適切な麻酔前検査を行い、最新の機器で動物に負担を最小限に抑えた処置を行っています。

消化器科

一般的な下痢嘔吐の治療から難治性の炎症性腸疾患、腫瘍の診療も行っております。

循環器科

先天疾患(動脈開存症、肺動脈狭窄症など)から老齢性の疾患(僧帽弁、三尖弁閉鎖不全症、不整脈など)まで、循環器疾患全般的に診察可能です。当院では心臓を専門とする獣医師が多数在籍しておりますのでセカンドオピニオンもお気軽にお申し付けください。心臓手術にも対応しております。

脳神経科

椎間板ヘルニアに代表されるような脊髄疾患の手術も当院で行っております。

腎泌尿器科

大学病院の専門医と連携しながら、尿管結石摘出などのマイクロサージャリーも行っております。

整形外科

専門医と連携しながら先天性疾患(レッグペルテス病、膝蓋腱脱臼など)の整復を行っております。

産科

緊急帝王切開、助産も行っております。

腫瘍科

認定医による専門外来を実施しております。セカンドオピニオンも随時対応しております。

眼科

角膜潰瘍、緑内障、白内障などの治療を行っております。

専門診療

動物リハビリテーション医療専門診察

一般的には、整形外科疾患や神経外科疾患の周術期および退院後の回復およびケアをサポートします。また、外科手術に至らない場合であっても、疼痛緩和や機能改善を目的とした治療を行っていきます。

運動器(関節や筋・筋膜など)や神経(感覚神経と運動神経)に変化が生じると、姿勢の変化や行動の変化が現れます。例えば、背中を丸めた姿勢をとる、ソファーの昇り降りができなくなるなどの変化がみられるようになります。

リハビリテーション診察では、姿勢や動作、関節や筋肉の評価を行い、変化を起こした原因を診断します。そして、適切な治療を行っていきます。また自宅での環境の指導も行います。

治療の大まかな内容としては、疼痛緩和、治癒促進、運動器機能改善、感覚受容体活性などがあり、筋膜リリースなどの徒手療法、様々な運動療法、レーザー治療機などを使用した物理療法を組み合わせて行います。

治療期間は、目標によって異なってきます。術後であれば、外科医と相談しゴールを決定します。高齢犬の場合、定期的なケアのために通院を継続することがあります。

「いつまでも元気に楽しく歩く!」を合言葉に、可能な限り「寝たきり」にならないように目指します。「寝たきり」になったとしても、可能な限り苦痛を和らげる治療や指導を行っていきます。病気や高齢だからと諦めず、より快適に暮らせるように、動物リハビリテーション医療を提供します。

【次のような症状があればご相談ください】

  • 背中が曲がっている
  • 歩く速度が遅くなった
  • 歩くときに頭が大きく上下する
  • 歩くときに腰がふらふらする
  • つまずく
  • 階段がのぼれなくなった
  • 起き上がるときに苦労する
  • 座るときに苦労する
  • 足がブルブル震える
  • 足を上げている

料金表

  • 初診料 3300円
  • カルテ作成料(初診時のみ) 880円
  • 再診料 2200円
  • 専門外来 5500円~
  • セカンドオピニオン(1時間以内) 8800円~
  • 混合ワクチン
    (犬) 6種:7700円 8種:9350円
    (猫) 3種:4950円 5種:7700円
  • 狂犬病ワクチン 3300円
(表示の金額はすべて税込みです)

※手術料金に関しては個々の状態によって変化しますので詳しくはお問合せください。また全身麻酔前の術前検査代が別途かかります

※当院では落ち着いた環境と診察時間を確保するため、完全予約制となっております。

※先生を指名の場合はお電話にてご連絡下さい。

※当日のキャンセルはキャンセル料が発生し、次回の指名が出来かねる場合があります。1頭でも多くのワンちゃん猫ちゃんがご受診いただけますよう、皆様のご理解ご協力のほどよろしくお願いします。