便が出にくい

【会陰ヘルニア】手術症例  会陰ヘルニア症例

未去勢の中年以降のワンちゃんに多い病気です。お尻の周りの筋肉が衰え、薄くなることによって直腸がお尻の方向に飛び出してしまい(ヘルニア)、うんちの通り道が狭まったり、曲がったりすることでうんちが出にくくなる病気です。進行してしまうと、直腸以外にお腹の膀胱が出てしまい致命的になる場合があります。

 

HALU動物病院では他院で1年前に会陰ヘルニアの手術を行ったが再発してしまった14歳のチワワちゃんの再手術を行いました。うんちがうまく出ず、いきんでしまい、心臓に負担がかかり失神していました。まずは心臓の治療(僧帽弁閉鎖不全症、肺高血圧症)を行い、今後の生活の質を考えても再手術を決めました。心臓の病気もあったことから心臓専門の麻酔医のもと実施しました。当院では麻布大学渡邊俊文准教授が考案した術式で、人に使われている医療用メッシュを利用する方法でヘルニアの整復を専門家の下で行いました。この術式が最も成績が良いです。

術後は心配していた心臓の悪化もなく、術後2週間たちましたが、数年ぶりに自分でいいうんちが出ています。

この病気が軽度な場合必ずしも手術が必要ではありません。未去勢の雄のワンちゃんでお尻が腫れてきたなきたな、最近うんちがしづらそうだなどの症状があればまずはご相談ください。

担当獣医師

内科・循環器科・軟部外科

游 (ユウ)HALU動物病院 院長

「たとえ病気になったとしてもその中で一番幸せに暮らせるように」
患者さん、家族、獣医師間の密なコミュニケーションを大切にしています。

内科・眼科

宮本 (ミヤモト)

動物たちからたくさんのことを感じ取り、からだへの負担をできる限り少なくすること、ご家族さまとのコミュニケーションの中で治療方針をご一緒に考えていくことを大切にしています。

内科・画像診断科

岩木 (イワキ)

多くの選択肢をわかりやすくオーナー様に提供でき、大切な家族の一員である子たちにとって最適な治療計画を一緒に見つけられる存在であるために、寄り添える獣医師を目指しています。

内科・脳神経科

浅田 (アサダ)獣医学博士

てんかんを中心とした神経疾患とその治療について研究をしました。現在も研究生として大学院および大学病院において研修を行っております。

内科・鍼治療

永田 (ナガタ)

病気と向き合う中でどうしたら現状を良くしていけるのか、プラスになりそうな 事をひとつひとつ考えながら、より良い時間を過ごせるようなお手伝いができたらと思っています。 些細なことでも、気軽にご相談ください。

循環器科・内科・軟部外科

湯沢 (ユザワ)

動物は、家族にとってかけがえのない存在です。 愛おしくもたくましい彼らの人生が、長く幸せで楽しい時間であるためのサポートをすること!をモットーにしています。

関連記事