元気がない

【玉ねぎ中毒】玉ねぎを食べちゃった!!犬猫の玉ねぎ中毒はとっても危険!

皆様のお家のわんちゃん、猫ちゃんは誤食、つまり食べてはいけないものを食べてしまった!という経験はありませんか?

中には、チョコレートを食べてしまって吐かせた経験があったり、他にもおもちゃを呑み込んでしまったという経験がある子もいると思います。

その中でも、今回は玉ねぎを食べてしまった猫ちゃんの症例をご紹介します。

元気食欲がないとのことでご来院され、玉ねぎ入りのハンバーグを食べてしまったとのことでした。身体検査で、脱水と貧血が認められ、かなりぐったりしていたことから血液検査、お腹の超音波検査を実施しました。

その結果、重度の貧血と白血球の上昇、黄疸が認められました。

貧血と黄疸、また肝臓の数値に問題がないことから、黄疸の原因は赤血球が壊されている、あるいは何らかの原因で壊れてしまっていることが予測されましたが、赤血球の形態などから自己免疫疾患を除外し、玉ねぎ中毒による貧血と診断されました。

しかし多くの中毒には特効薬はなく、玉ねぎ中毒も例外ではありません。

中毒物質を点滴で代謝させて、中毒による症状は対症療法を実施していきます。

この猫ちゃんも、玉ねぎ中毒と診断されたため、すぐに静脈からの点滴を実施しました。また、熱も高くかなり炎症も強く起こっていると考えられたため抗炎症剤も使用し、対症療法を行いました。

ここで、玉ねぎ中毒について少しお話しします。

玉ねぎ中毒は、アリルプロピルジスルファイドという中毒物質が原因で、この物質が赤血球に含まれるヘモグロビンを酸化させることで赤血球が壊れてしまいます。

その結果、溶血性貧血という種類の貧血を引き起こしてしまいます。

症状はすぐに出ることは少なく、24~48時間後に出てくることが多いです。

その後、赤血球が産生されれば貧血の数値は回復しますが、貧血がかなり重度の場合は命に関わることもあり、輸血を必要とします。

そんな玉ねぎ中毒なので、今回の猫ちゃんにおいても貧血がかなり進むようであれば輸血が必要かと考えられましたが、2日ほどで黄疸の数値も改善してきて、赤血球も体の中で頑張って産生されており、1週間ほどで正常値まではいかないものの食欲も出てきて自分でごはんを食べてくれるようになりました。

その後食欲もほとんど元に戻り、炎症の数値も下がり、貧血の数値も改善してきたため無事に退院となりました。

退院後も貧血の数値が正常値に戻り、元気にしてくれています。

このように不意のことで命に関わる事態になってしまうこともありますので、誤食癖があるわんちゃんや猫ちゃんのご家庭では注意してあげましょう。

猫の診療所(HALU+動物病院)

住所:渋谷区代官山町14-20

電話番号:03-6712-7299

担当獣医師

内科・眼科

宮本 (ミヤモト)

動物たちからたくさんのことを感じ取り、からだへの負担をできる限り少なくすること、ご家族さまとのコミュニケーションの中で治療方針をご一緒に考えていくことを大切にしています。

内科・画像診断科

岩木 (イワキ)

多くの選択肢をわかりやすくオーナー様に提供でき、大切な家族の一員である子たちにとって最適な治療計画を一緒に見つけられる存在であるために、寄り添える獣医師を目指しています。

内科・歯科

平石 (ヒライシ)

大学卒業後、各地の動物病院で小動物臨床に携わってまいりました。
ホームドクターとして、こどもの時代から老齢期までその子その子にあった予防や治療を丁寧に行うことを信条にしております。

循環器科・軟部外科

游 (ユウ)HALU動物病院 院長

「たとえ病気になったとしてもその中で一番幸せに暮らせるように」
患者さん、家族、獣医師間の密なコミュニケーションを大切にしています。

内科・脳神経科

浅田 (アサダ)獣医学博士

てんかんを中心とした神経疾患とその治療について研究をしました。現在も研究生として大学院および大学病院において研修を行っております。

内科・鍼治療

永田 (ナガタ)

病気と向き合う中でどうしたら現状を良くしていけるのか、プラスになりそうな 事をひとつひとつ考えながら、より良い時間を過ごせるようなお手伝いができたらと思っています。 些細なことでも、気軽にご相談ください。

関連記事